« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

Panspermia Mix @ amp'box Recording studio

先日A-Z modeでお伝えしたように

アルバム「Pansperumia」のミックスをした

山田 ノブマサさんのスタジオ

「amp'box Recording studio」が

新天地に移転お祝いのパーティーへ行ってきました。

去年6月〜8月の約3ヶ月に渡り

山田 ノブマサさんのスタジオ

「amp'box Recording studio」にて

アルバム「Pansperumia」のミックスと

マスタリング作業を行いました。

Facebook、Twitter、Instagramなどでは

写真などアップしてたけど、発売に向け忙しく

A-Z modeではアップできずにいました。

なので、前後してしまいましたが、ここで、

1年の時を経て(笑) 去年

「amp'box Recording studio」で行われた

レコーディングのミックスとマスタリングの

様子をお届けします。

Img_8110

ノブマサさんは元々はビクターのエンジニア

現在はフリーで、LOVE PSYCHEDELICOをはじめ

あげればきりがないほど、数多くのミュージシャンの

ミックスをしている。

僕は、ブリテッシユ系が強いとというイメージが

あったんだけど、ブラジルのミュージシャン

ボサノヴァ系のミックスなんかもしていて

これがまた良い!

またドラマーでもあり、LOVE PSYCHEDELICO

のレコーディングでいつも叩いているとのこと。

あとジャズなんかもライブでやっているそうだ。

Img_8130_2


無造作に置かれた貴重な機材の数々

興味ない人にはなんのこっちゃ

もっというとガラクタ(笑)

僕らミュージシャンにとっては涙もの


Img_8131


ビンテージもの、レアもの、

新旧入り乱れての高価な機材

さらに、機材につなぐ電源や中身のパーツ

までこだわり自分で作ってしまう。

バイクや車をいじるのが好きだというから

根っからの機械マニアなんだろう。

パーツや、チューブの真空管に至るまで

凄いこだわりよう。

これは僕のアルバムにとても重要な意味があり

おかげで、最高に満足の行くミックスが出来た。


Img_8132


レコーディングはいつも事前にデモ作りや

プリプロをしてからレコーディングに入る。

しかし、現在は機材や、PCや、デジタルの

進化のおかげで、デモ作りの段階から

本番さながらに、細かく作り上げ

ていくことができる。

出来上がった曲に、シンセなどのキーボード

以外の楽器をレーディングスタジオにて

生の楽器に差し替えてゆく(レコーディングする)。

Img_5042

今はパソコンやキーボードの音源で

あらゆる楽器の音を出せるので

僕もデモの段階では音源を使って

アレンジし、シミレーションをする。

音楽のジャンルや、人によって、

あるいは時に僕も、時間や予算の都合とか

その時々で、そのままの音源を

活かす場合もある。

でも、どちらかというと、面白いとか、

効果的に、そっちの方が良い場合で、

やはり出来る限る本物、生の楽器を使い

マイクで音を拾い、その空気感も

一緒に録音したいと思うわけで、

そこは重要で、こだわりたいところである。

Img_8135

今回のアルバムPanspermia は

コンセプトもそうなように、

60年代サイケデリアを『21世紀サイケデリア』

として表現と言ってるように

60年代後半から70年代前半の

ブリテッシュサウンドの匂いをプンプンさせたくて

(て言うかいつもだが、笑) 使う録音する

楽器や音色、骨太で個性的な機材やマイクを使い

空気感などをこだわってレコーディングした。

そして、録り終えたあと、もう一つ

最も重要でこだわらなければならないのが

ミックスダウンである。


Img_5544_2

ミックスの様子や使った機材を

事細かく説明してもおもしろくないだろうし

あまり説明するのも好きでないので

ざっくり言うと、そして、さっきから

何度も言ってるかもしれないが、

僕が子供のころ聴いてきた

その時代のサウンドは、現在にはない

ぶっとくて独特の空気感、世界観がある。

その雰囲気を再現したくて

エンジニアの山田さんと

あ〜でもない、こ〜でもないと

皆まで言わんでもわかる、みたいな感じで

楽しいミックスの日々を過ごした。

ミックス作業は、ノブマサ、マジックで

おかさまで、どの音もぶっとくて、芯があって

個々の音が浮き出て立体感がある

仕上がり、どれもカッコよく、嬉しい限り

ミックスは順調に進んでいった。


Img_8138


とにかく

ミックスダウンもマスタリングも

僕が出来ることは、ほとんどなく(笑)

出来上がった料理をどう盛り付けするか

エンジニアの山田さんの腕一つ。

僕は聴いて口出すだけ(笑)

箇所箇所チェックしたり、ひたすら聴くだけ

聴いては、あそこはもう少しこうとか

この楽器が小さいとか、もっと大きくとか

言うだけ、そして、また作業に入ると

出来るまで、ずっと待っているだけなんで

ギター弾いたり、ドラムを叩いて

遊んでるだけ(笑)

Img_5062


現在は録音からミックスまで、

PCの中で全ての作業ができる時代。

もちろん、それだけでは僕の趣旨に

反するので、レコーデイングの段階でも

マイクやアンプ、アナログミキサーや機材を

経由して録音した上に、ミックスでまた、、、

こういったことができるのは

現代のデジタルテクノロジー

だからこそのなせる技

amp'box Recording studio にある

ビンテージやアナログ機材など

超高価で豪華な機材を使い

ノブマサ、マジックで

何度も何度も外を通り内へと戻る(笑)

を繰り返し、古き良きアナログの名機と、

最新機材のデジタルテクノロジーを使って

本当に贅沢に仕上げました。

古き良きものと最新テクノロジーの融合で

まさに理想的で最高のミックスが出来上がり

さぁ、次は最終段階のマスタリングのみ。

マスタリングは大体1日あれば終わるもので

いつもように簡単に考えていました。

しかし、出来上がったCD全体のレベル

というところで、なるべく大きい音にしたいという

色気が出てしまい、ノブマサさんに

結果、3回もやり直してもらったという....。汗

ご足労をおかけしてしまいました。

6月後半から7月前半に終える予定が

それによりズレ込み、ライブなどもあり、

スケジュールも合わず、日にちが空いてしまい

納品ギリギリの8月中頃に3回めの

マスタリングへてめでたく完成!!

Img_5518

楽曲も、サウンドも

ただ、60〜70年代をリスペクトし

ノスタルジーに浸りその当時の

まんま再現するのはおもしろくないし

焼き直しをする気もさらさらなく

新しいこと、実験、試みがなけれつまらない。

アルバムPanspermia には

新旧の融合、今だから出来ること、

新しい実験、試みがたくさん詰まっている。

僕が好きで聴いてきた、

音楽をやるきっかけとなった、

60〜70年代サイケデリアを融合し

僕なりに現代の『21世紀サイケデリア』へ

楽曲もサウンド、現在僕が聴きたいと思う

CDが作れたと、表現できたのではないかと

自負しています。

Img_4297

そして、

山田 ノブマサさんのセンスと

スタジオ「amp'box Recording studio」

の個性が色濃く反映され出来上がった

アルバムでもある。

ノブマサさん、素晴らしいミックスありがとう!

移転お祝いのパーティーで、

新しいスタジオの構想を少し聞かせて

いただきましたが、まるで理想郷。

新しい amp'box Recording studio

楽しみにしてます。

ノブマサさん、益々のご発展ご活躍お祈り致します。


Img_5055_2


さて僕は、現在3つのレコーディング、

プロジェクトが同時に進行中であり

去年からスタートしている

SEED OF THE EARTHのレコーディング

今年初めにスタートした次のソロアルバム

そして、それとは別に30周年を記念した

アルバムを作ろうということで、制作スタート

現在はそのレコーディングに向け

引きこもりプリプロ、デモ作り

地味で地道な作業の真っ只中である。

上二つは、結果的にスローペース

となってますが、どれも良いもを作りたい

残したいとこだわって作ってますので

アヅマニアのみなさん、

どうぞ楽しみに待っていてください♪( ´θ`)ノ


Img_8121

|

amp'box Recording studio移転お祝いのパーティー

レコーディングエンジニア、山田 ノブマサさん

のスタジオ「amp'box Recording studio」が

新天地に移転お祝いのパーティーへ行ってきました。

去年このスタジオでノブマサさんに

アルバム「Pansperumia」のレコーディング

ミックスしていただきました。

もう1年以上も前のことですが、

その時期は発売に向けハードなスケジュール

だったので、A-Z modeで、まだ、

ご紹介できていなかったと思います。

なので、去年のレコーディングミックスの模様は

後日、追ってご紹介したいと思います。

前後してしまいますが、そんなわけで

移転お祝いのパーティーへ行ってきました。

パーティーではLOVE PSYCHEDELICO

のお二人はじめ沢山のミュージシャン、

お世話になっている超大御所プロデューサー、

アレンジャーの方々集まり大セッション大会。

右用の楽器に大苦戦(笑)

夜ふかくまで大盛り上がりしました。

レコーディング機材がなくなり

かたずいてしまったスタジオはやけに広く

なんだか寂しい感じもしましたが

新しいスタジオの構想を少し聞かせて

いただきましたがまるで理想郷。

楽しみにしてます。

ノブマサさん、益々のご発展ご活躍お祈り致します♪( ´θ`)ノ


14468536_853607588072510_8188129229


14444754_853609578072311_3150253807

Img_0731


14424824_853609748072294_3859009274


Img_0712


|

今年もトン・レノンが日本にやって来る!! 東京、名古屋2 Days!

【 John Lennon Birthday Live 2016 】

あと一ヶ月となりました!

今年もトン・レノンが日本にやって来る!!

Tong Lennon 来日公演

トン・レノンがやって来るトン!トン!トン!

今年は東京そして、名古屋公演の2 Days!

今年もニューヨークからトン・レノンが日本に来日。

愛と平和の種を蒔きにやってきます。

トン・レノンも日本来るのを毎年楽しみにしいます。

スシ、テンプーラ、スキヤキ、フジヤマ、ゲイシャ。

熱いステージ、涙あり笑あり、あの感動を再び!

勿論今年もイギリスからキンタ・マッカートニー、

吉祥寺からキチ・ジョージハリソンも参加。

そして、去年からメンバーとして加わった

新メンバー、アップル・スターも大暴れ!

今年もジョン・レノンの誕生を祝い、

みんなで歌って、ひとつになろう〜♪( ´θ`)ノ

☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡

<東京会場>

日付:2016年10月8日(土)

時間:開場: 18:00/ 開演: 19:00

出演:風祭東 & The Atmosphere
メンバー:橋本 哲、金子 充伯

会場: 自由が丘 MacCartney
http://www.ne.jp/asahi/live-bar/mccartney/
〒152-0035
東京都⽬⿊区自由が丘1-27-2  ⾃由が丘ひかり街3F12号
TEL 03(6421)2458

チケット:前売:¥4000/当⽇¥4500 *ドリンク別途

ご予約:お問い合わせは
info@panspermia.jp

☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡

<名古屋会場>
日付:2016年10月10日(月・祝)

時間:開場: 17:30/ 開演: 18:00

出演:風祭東 & The Atmosphere
メンバー:橋本 哲、金子 充伯

会場: 名古屋 Roxx Sakae
http://www.spirits-jp.com/roxx/
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビルB2F
TEL 052(963)4167

チケット:前売:¥4000/当⽇¥4500 *ドリンク別途

ご予約:お問い合わせは
info@panspermia.jp

☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡☮♡

John_birthday_20167

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »