« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

『Power To The Pop - Beatles DNA』今週2/29(土)23時~放送スタート!

📻『Power To The Pop - Beatles DNA』📻
 今週2/29(土)23時から放送スタート!!

昨年、ゆふいんラヂオ局 ・NOAS FM

「ビートルズ・タイム」特設コーナー

『風祭東の Beatlesコンシダレイション』にて

「アビイ・ロード」発売50周年を記念し、

僕が感じるビートルズ感、

アビイ・ロードの魅力などアルバム

「アビイ・ロードの持つ特徴」を

マニアックにお届けしました。

その中で最後に、ビートルズが居なくなった

70年代から現在まで、ビートルズに影響を

受けた次世代ミュージシャンたち、

DNAを受け継いだビートルズ・フォロワー、

ビートルズ・チルドレンをご紹介したところ

沢山の反響を頂きました。

ありがとうございました。


そして偶然にもその直後ビートルズの遺伝子たちを

集めた日本独自 企画,コンピレーションCD

『Power To The Pop』が昨年11/27に発売。

このコンピレーションCDの内容が

あまりにも素晴らしく!

まさにシンクロニシティー!

また今年はビートルズ最後のアルバム『Let It Be』

発売50周年というまさにタイムリーなこともあり、

これは神の思し召し?神からの掲示?

この日本でDNAを受け継ぐ者のひとりとして

黙っているわけにいかない。

ということで、今回はその『Power To The Pop』

発売まで構想30年を掛け実現させた担当ディレクター、

ソニーミュージックの白木哲也さんと共に、

ビートルズが居なくなった70年代から現在まで、

ビートルズに影響を受けた次世代ミュージシャンたち、

DNAを受け継いだビートルズ・フォロワー、

ビートルズ・チルドレンたち、

ジャンルを確立させた70's〜80’s、

第1~2世代の王道から90年代ブリッドポップ、

パワーポップでみせた先祖返りや

新しい進化を遂げた第三世代から現在まで、

こんなの知ってるの、聴いてるの、

俺くらいしかいないんじゃね〜
?と、

かなりマニアックなアンダーグラウンドまで、

片っ端からご紹介。

ビートルズフリークで良質なメロディーに

飢えてるあなたのためにお届け致します。

第一回目今週末2/29(土)からスタート!!

毎週 土曜日23時から「ビートルズ・タイム」

特設コーナー『Power To The Pop - Beatles DNA』

是非聴いてください!お楽しみに~♪( ´θ`)ノ💫

Dna

ゆふいんラヂオ局 ・NOAS FM
『The Beatles Time 』特設コーナー

『Power To The Pop - Beatles DNA』
毎週 土曜日よりスタート!!

【放送時間】
ゆふいんラヂオ局 毎週土曜日23時~
再放送:毎週日曜日14 時~
再々放 送:毎週火曜日19時~

NOAS FM 毎週日曜日午前 11 時~


※両局ともに PC、タブレット、スマホでインターネット聴取可。ホームページからの直接聴取と共に、ラジオアプリ 「tune in radio」による聴取も可能。

☮♡☮

Vari

日本企画,コンピレーションCD

『Power To The Pop』

収録曲&作品詳細はこちら特設サイトへ 🍏

http://www.110107.com/BEATLEDNA

【Twitter】https://twitter.com/BeatleDNA_JP
【Facebook】https://www.facebook.com/BeatleDNA/

<関連サイト>
●『Power To The Pop』の収録曲の詳細はこちら:
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12543248640.html

●「BeatleDNAコンピへ至る長く曲がりくねった道のり...担当Dによる裏話」はこちら:
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12543241309.html

●『Power To The Pop』のジャケットはなぜウサちゃんなの?「くるみちゃん」の物語。
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12543271339.html

 

|

〜 アヅマニア・プレゼンツ 第2弾 トークイベント 〜ビートルズの遺伝子たち



〜 アヅマニア・プレゼンツ 第2弾 トークイベント 〜
🍏『THE BEATLES DNA - ビートルズの遺伝子たち』🍏 

僕が感じるビートルズ・フォロワーなミュージシャン達

の作品には共通するDNAが流れいる。

ということで『THE BEATLES DNA –

ビートルズの遺伝子たち』と銘打って、

70年代から現在まで、ビートルズに影響を受けた

ミュージシャンたちをご紹介し

様々な角度から分析。

僕、風祭東がナビゲータを務め、そ

の筋の重鎮なゲストの方々をお迎えし語り倒します。

 


そもそも昨年10月に4週に渡って

お届けしたビートルズ・タイム

『風祭東の Beatlesコンシダレイション』にて、

ビートルズが居なくなった70年代から

現在までビートルズに影響を受けた次世代

ミュージシャンたち、DNAを受け継いだ、

ビートルズ・フォロワー、ビートルズ・チルドレン

をご紹介したところ、タイムリーにも、

ビートルズの遺伝子たちを集めた日本独自

企画コンピレーションCD『Power To The Pop』

が11/27に発売。これが、あまりにも素晴らしく。

このコンピレーションCDに背中を押され、

この度、僕がいつかやってみたいと

思っていたTHE BEATLES DNA

『ビートルズの遺伝子たち』という

トークイベントを企画致しました。

 

『Power To The Pop』発売まで、

構想30年を掛け実現させた担当ディレクター、

ソニーミュージックの白木哲也さん、

そして日本のジョージマーティン

(音楽プロデューサー/作曲家)川原伸司さん

前回に続き、今回もお迎えしてお届けいたします。

 

それぞれの立場から、様々角度から、

あるいは世界中が共通して認識している

ビートリーな、楽曲やサウンドとは?

DNAを受け継いだビートルズ・フォロワー、

ビートルズ・チルドレンと言われるのは一体何か?

音楽的な部分とか、ビートルズから様々に

「枝分かれ」していったロック、あるいは、

ジャンルやムーブメント、そんな時代背景を含め、

今やフォロワー、チルドレンを超え

ジャンルを確立させた第1~2世代、

先祖返りや新しい進化を遂げた、

第三世代から現在まで、


誰もが知る大物から超マニアックなフォロワー、

チルドレンまで、様々な角度からお話ししていきます。

 

僕が弾き語りで、ビートルDNAたちの曲を

カバーしたミニライブも行う予定です。

3月14日、自由が丘マッカートニーにて、 

お楽しみに♪( ´θ`)ノ

Beatles-dna1_20200226163801

〜 Azumania Presents 〜
『THE BEATLES DNA - ビートルズの遺伝子たち』 
(70年代から現在までビートルズに影響を受けたミュージシャンたち)

トークイベント

日付:2020年3月14日(土)

時間:15時半開場 16時開演

会場:自由が丘マッカートニー

前売:¥3000 /当日¥3500 *ドリンク別途

出演
・ナビゲーター 風祭東(シンガーソングライター)
・川原伸司 (音楽プロデューサー/作曲家)
・白木哲也(ソニー・ミュージックレーベル/ディレクター)

予約・問い合わせ
info@akashicrecords.co.jp

またはfacebook、Akashic Records Co.Ltdまで
https://www.facebook.com/akrcoltd/

Beatles-dna1_20200226163801

Vari

日本企画,コンピレーションCD

『Power To The Pop』

収録曲&作品詳細はこちら特設サイトへ 🍏

http://www.110107.com/BEATLEDNA

【Twitter】https://twitter.com/BeatleDNA_JP
【Facebook】https://www.facebook.com/BeatleDNA/

<関連サイト>
●『Power To The Pop』の収録曲の詳細はこちら:
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12543248640.html

●「BeatleDNAコンピへ至る長く曲がりくねった道のり...担当Dによる裏話」はこちら:
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12543241309.html

●『Power To The Pop』のジャケットはなぜウサちゃんなの?「くるみちゃん」の物語。
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12543271339.html

 



|

🍏『THE BEATLES DNA - ビートルズの遺伝子たち』🍏 



〜 アヅマニア・プレゼンツ 第2弾 トークイベント 〜
🍏『THE BEATLES DNA - ビートルズの遺伝子たち』🍏 
(70年代から現在までビートルズに影響を受けたミュージシャンたち)

 

僕が感じるビートルズ・フォロワーな

ミュージシャン達の作品には共通する

DNAが流れいる。

ということで、アヅマニア・プレゼンツ

第2弾は『ビートルズの遺伝子たち』と銘打って、

70年代から現在まで、ビートルズに影響を受けた

ミュージシャンたちをご紹介し様々な角度から分析。

わたくしがナビゲータを務め、その筋の重鎮な

ゲストの方々をお迎えし語り倒します。

 


昨年10月に4週に渡ってお届けした

ラジオ番組ビートルズ・タイム

『風祭東の Beatlesコンシダレイション』にて、

ビートルズが居なくなった70年代から

現在までビートルズに影響を受けた

次世代ミュージシャンたち、

DNAを受け継いだビートルズ・フォロワー、

ビートルズ・チルドレンをご紹介したところ、

タイムリーにもビートルズの遺伝子たちを

集めた日本独自企画コンピレーションCD

『Power To The Pop』が11/27に発売。

これがあまりにも素晴らしく。

このBEATLEDNAのCDに背中を押され、

この度、僕がいつかやってみたいと思っていた

『ビートルズの遺伝子たち』の企画が実現しました。

 

『Power To The Pop』発売まで

構想30年を掛け実現させた担当ディレクター、

ソニーミュージックの白木哲也さん、

そして日本のジョージマーティン、

今回も川原伸司さん

(音楽プロデューサー/作曲家)をお迎えして、

それぞれの立場から、様々角度から、

あるいは世界中が共通して認識している

ビートリーな楽曲やサウンドとは、

DNAを受け継いだビートルズ・フォロワー、

ビートルズ・チルドレンと言われるのは一体何か?

 

音楽的な部分やビートルズから様々に

枝分かれしていったロックあるいはジャンルや

ムーブメント、そんな時代背景を含め、

今やフォロワー、チルドレンを超え

ジャンルを確立させた第1〜2世代、

先祖返りや新しい進化を遂げた

第三世代から現在まで、


誰もが知る大物から超マニアックなフォロワー、

チルドレンまで、様々な角度からお話ししていきます。

3月14日、自由が丘マッカートニーにて、

お楽しみに♪( ´θ`)ノ

〜 Azumania Presents 〜
『THE BEATLES DNA - ビートルズの遺伝子たち』 
(70年代から現在までビートルズに影響を受けたミュージシャンたち)

トークイベント

日付:2020年3月14日(土)

時間:15時半開場 16時開演

会場:自由が丘マッカートニー

前売:¥3000 /当日¥3500 *ドリンク別途

出演
・ナビゲーター 風祭東(シンガーソングライター)
・川原伸司 (音楽プロデューサー/作曲家)
・白木哲也(ソニー・ミュージックレーベル/ディレクター)

予約・問い合わせ

facebookにて
https://www.facebook.com/akrcoltd/


Beatles-dna3_20200226164001
 

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »